兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ウェブカメラの意味と使い方をマスターしよう!

ウェブカメラ

ウェブカメラとは、撮影された画像をリアルタイムに送信・処理することができる装置のことです。

USB接続などでつなぐタイプのものもあれば、あらかじめパソコンの中に内蔵されていることもあります。ウェブ会議やスカイプ通話をする際に使います。

ウェブカメラのメリット

ウェブカメラのメリット

ウェブカメラのメリットは、こちらの表情などが相手に伝わることです。従来のチャットでは文字しか伝えることができないので、細かなニュアンスを相手に伝えることはできません。スカイプの音声通話などは声のニュアンスは伝えられますが、相手に自分の手元にあるものを見せたり、表情でそれとなく感情を伝えたりすることはできません。

その点、ウェブカメラは表情まで相手に事細かに伝えることができるので、より「伝えたいこと」が伝えやすくなります。かつては高価なウェブカメラでしたが、最近は5000円程度で十分な性能のものを買えるようになっています。

ウェブカメラがあればこんなことができる!

写真や動画の撮影

ウェブカメラでは写真を撮影することができます。撮影したファイルはハードディスク内に保存されるため、そのままそれをメールで送ったり、オンラインストレージに保存したりすできます。普通のカメラで撮影するのと違って即印刷ができ、思い出を確実に形に残せます。

ビデオチャット・ウェブ会議など

遠く離れたところにいる相手と話ができます。相手の表情を見ながらの会話になるので、細かい感情の変化なども余すことなく伝えられます。

生配信

ニコニコ生放送やユーストリームなどで配信を行う際にもウェブカメラは便利です。

ウェブカメラの選び方

ウェブカメラは安いものでは数千円程度ですが、高いものでは3万円を超えるものもあります。価格が高ければいいというわけでもないので注意が必要です。

画質

ウェブカメラで特に重要なのが画質です。最近のウェブカメラはとても画質が良く、どれを選んでもそれなりに綺麗な動画が撮影できますが、画質に特にこだわるという場合はまずは有効画素数とフレームレートを確認しましょう。

有効画素数とはカメラの撮影の際に使用される画素数のことです。有効画素数が高ければ高いほど画像はきめ細やかになります。

ただし、カメラの入っている箱に書いてある画素数が必ずそのまま動画の画素数となるわけではないことには注意が必要です。書いてある画素数は静止画の画素数で、動画の画素数はもっと低い可能性があるからです。

フレームレートとは1秒に何枚の静止画を記録するかの数値です。単位はfpsです。たとえば、60fpsの場合、1秒間に60枚の静止画が表示されます。フレームレートは高ければ高いほど動きが滑らかになります。

CCDとCMOS

CCDは感度がよく、ノイズが乗りにくい代わりに価格が高く、CMOSはその逆の特徴を持っています。最近は価格が安いCMOSのほうが人気のようです。

接続タイプ

近年はほとんどがUSB接続タイプなのであまり気にする必要はありませんが、ごくまれにIEEEなど別の方式で接続するものもあります。

設置のしやすさ

意外と軽視されがちなのがこの設置のしやすさです。安定感のないウェブカメラを選んでしまうと画面がぐらついてしまうことがあります。こればかりは実際にモノを見てみないとわからないので、なるべく電器店に赴いて現物を確認するようにしましょう。インターネットで購入する場合はあらかじめ電器店で形状を確認しておくか、口コミをよく確認しておくようにしたいほうがいいでしょう。

只今、インターネットサービス相談会実施中です。

アイデアを形にしたい、効果的なWEBサイトを作りたい、マーケティングで悩んでいる・・・など、どんな些細な事でも構いません。気軽にご相談下さいませ。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)