兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ウィニーの意味と使い方をマスターしよう!

ファイル共有のイメージ(ウィニー)

ウィニーは、日本で開発されたファイル交換ソフトです。

高い匿名性と独自の掲示板システムにより人気を集めました。しかし、最近はファイル流出事件や著作権侵害の温床化している影響か多くの人に悪いイメージを持たれているようです。

そもそもファイル交換ソフトとは?

ファイル交換ソフトとは、その名の通りファイルを不特定多数のコンピューター間で交換・共有するためのソフトのことです。P2Pという独自の技術が使われており、サーバを経由せずにクライアントどうしでファイルのやり取りを行います。ファイル交換ソフト=違法というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、ファイル交換ソフトを使うこと自体は違法ではありません。ファイル交換ソフトで違法なファイルを交換することが問題なのです。

ファイル交換ソフトの中でも特に有名なのが今回紹介するウィニーです。

ウィニーは2ちゃんねるの中でもファイル共有ソフト関連の話題を扱う「ダウンロード板」に常駐していた47氏こと金子勇氏が開発したものです。ウィニーは2002年5月6日に発表されました。通信内容が暗号化されており、そのままでは内容がわからないようになっているのが特徴です(暗号強度としては弱く、現代では瞬時に解析されてしまう程度のものです)。

ダウンロードしたファイルを直接受信するのではなく、いったん第三者のコンピューターに転送してから改めて受信する「転送」機能があるのもポイントです。転送機能により匿名性が高まり、ファイル拡散が加速度的に進むという効果があります。

ウィニーは安全なの?

ファイル交換ソフトの中でも特に使い勝手が良かったことから、ウィニーは急激に利用者数を伸ばしていきました。しかし、このウィニーには問題点もたくさんありました。

一つ目は情報流出のリスク。ウィニー事態に情報を流出させる機能があるわけではありませんが、ウィニーを通じて拡散されたAntinny(通称キンタマウイルス)が多くの個人情報を流出させました。

二つ目は著作権侵害のリスクです。ウィニーをはじめとするファイル交換ソフトを使うことそれ自体は違法ではありませんが、実際にはこのソフトはほとんど違法なことにしか使われなかったといってもいいでしょう。2003年以降、ウィニーを利用した著作権侵害、児童ポルノ配布などで逮捕者が次々出ています。

2004年5月には開発者の金子勇氏が逮捕されるに至りました(ウィニーを作ったこと自体が問題ではなく、ウィニーで犯罪をほう助したことが問題とされました)。その後2009年に大阪高裁で逆転無罪の判決が下り、2011年には最高裁で無罪が確定しています。金子氏はその後2013年に亡くなっています。

このようにウィニーの利用には様々な危険がついて回ります。

確かに上手に使えばとても便利なソフトであることには変わりありませんが、リスクがかなり大きいことについては注意が必要です。中でもウイルスへの感染は使っているパソコンに悪影響を与えるだけでなく、個人情報流出の危険性もあるので気を付けましょう。

ウイルスに感染しない最も簡単な方法は、ウィニーをそもそも利用しないことです。どうしても使いたいという場合は、必ずウイルス対策ソフトを導入してください。ウイルス定義ソフトは常に最新の状態に保ち、万全の状態を築いておきましょう。それでも万全ではないので、ウィニーを使うパソコンはほかのパソコンから独立させておきましょう。ウィニーを使うパソコンの中には個人情報を一切入れないようにしておけば、万が一ウイルスに感染しても最小限の被害で済みます。

只今、インターネットサービス無料相談会実施中です。

アイデアを形にしたい、効果的なWEBサイトを作りたい、マーケティングで悩んでいる・・・など、どんな些細な事でも構いません。気軽にご相談下さいませ。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)