兵庫県西宮市の集客に強い売り上げアップWEB制作、ホームページ制作ならHeartsN|全国対応 エリア検索はコチラ
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

404 Not foundの意味と使い方をマスターしよう!

404 Not foundは、HTTPステータスコード(Webサーバからのレスポンスを意味する3桁の数字)の一つです。

404はクライアントの要求に対応するウェブページがなかった場合に表示されるもので、おそらくすべてのHTTPステータスコードの中でもっとも有名なものです。なお、404はあくまでも「Webサーバにウェブページが見つからなかった」ことを示すものであり、「Webサーバが見つからなかった」のとは全く別物です。

自分のサイトが404  Not foundになってしまう時の対処法

自分のサイトのウェブページが意図せず404 Not foundになってしまう場合は、以下の対処法を試してみてください。

リンクのURLが間違っていないか確認する

404 Not foundの原因の中でも最もメジャーなのが単純なリンクミスです。例えば、「news.html」にリンクを張ったつもりだったのに、よくみると「nesw.html」になっていた、と言うのはよくあることです。この場合はリンクを修正すればOKです。

リンク先が削除されていないか確認する

ウェブサイト内にあるWebページを削除した場合、そのWebページに向けて貼られていたリンクが全てリンク切れとなってしまい、そのリンクをクリックすると404 Not foundが表示されます。

不要になったWeb ページを削除するのはWebサイトの運営上仕方のないことですが、リンク切れをそのまま放置しておくとユーザーに与える印象は確実に悪くなります。リンク切れがないか心配な場合は、リンク切れ一括チェックなどのオンラインサービス、もしくはフリーソフトなどで確認するといいでしょう。

リダイレクト設定を確認する

リダイレクトとは、あるウェブページを閲覧しようとしたときに、自動的に他のウェブページに転送される機能のことです。通常はWebページのURLが代わったときに使うもので、旧トップページから新トップページに向けてリダイレクトされます。このリダイレクトの設定が間違っている場合、404 Not foundが表示されることがあります。リダイレクト先のURL指定が間違っていないかを確認してみましょう。

オリジナル404 Not foundについて

サイト運営者が特に何も設定していない場合、404 Not foundを伝えるページはエラーが出たことを伝えるだけの簡単なものになります。もちろんエラーを伝えるだけならこれでもいいのですが、サイトのデザインとの不統一感が目立つうえ、不親切に感じる人も少なくありません。

サイトに良く馴染み、エラーが出た場合の対処法なども記されているオリジナルの404 Not foundを作れば、ユーザーの離脱率が下がるかもしれません。オリジナルの404 Not foundページを表示する方法は色々ありますが、htaccessというファイルを使うのが一般的です。

集客に強い売り上げアップWEB制作、ホームページ制作なら当社にお任せ下さい!ご相談、お見積りは無料!まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)