兵庫県西宮市の集客に強い売り上げアップWEB制作、ホームページ制作ならHeartsN|全国対応 エリア検索はコチラ
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

503 Service Unavailableの意味と使い方をマスターしよう!

503 Service Unavailableは、HTTPステータスコード(Webサーバからのレスポンスを意味する3桁の数字)の一つです。

503はサーバに掛かる負荷が大きくなりすぎており、Webページを正常に表示できないときに代わりに表示されるコードです。サーバの能力に対して多すぎるアクセスが有った場合、ファイルが大量にダウンロードされている場合などに表示されます。また、サーバがメンテナンス状態にある場合に表示されることもあります。

どちらにせよ訪問者にとっては非常に不利益な表示であり、例えばネットショップなどの場合はビジネスチャンスを失ってしまうことにもなります。Webの仕組みに詳しくないユーザーは、サイトが閉鎖されたものだと勘違いしてしまうかもしれません。

自分のサイトが度々503 Service Unavailableになってしまう場合は適切な対処をすることによって、機会損失を防げます。

自分のサイトが503 Service Unavailableになってしまう時の対処法

自分のサイトのウェブページが意図せず503 Service Unavailableになってしまう場合は、以下の対処法を試してみてください。

専用サーバに切り替える

503 Service Unavailableが発生しやすいのは共用サーバです。共用サーバとは、1台のサーバを複数のユーザーで利用することによって、一人あたりのサーバーレンタル費用を安く抑えるタイプのサーバです。

レンタル費用が非常に安いため、アクセス数が少ない個人サイトの運用には向いています。しかし、アクセス数が多くなってくると、共用サーバではユーザーをさばききれないことがままあります。

また、共用サーバは1台のサーバを共用するため、自分のサイトのアクセスが少なくても、サーバを共用していう別のユーザーのサイトのアクセスが増加するだけで503 Service Unavailableに陥ることもありまmす。

このようなリスクを無くすためには、専用サーバを用意するのが一番です。専用サーバは自分だけが使えるサーバなので、他のユーザーの影響を受けることがありません。費用は高くなりますが、アクセス数が常時多いサイトを運営している場合は、専用サーバに切り替えたほうがいいでしょう。

そこまでのお金が出せないという場合は、スペックが高めの共用サーバを選ぶだけでも効果があります。安さだけが売りの共用サーバを利用している場合は、切り替えを検討した方がいいでしょう。

読み込み速度を改善する

Webサイトによっては、読み込み速度の遅さが原因で503 Service Unavailableが表示されることがあります。この場合はWebサイト内で使う画像のサイズを小さくしたり、CGIやPHPなどのプログラムの利用を見直したりして、読み込み速度を改善すれば、503 Service Unavailableが表示されづらくなります。

集客に強い売り上げアップWEB制作、ホームページ制作なら当社にお任せ下さい!ご相談、お見積りは無料!まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)