兵庫県西宮市の集客に強い売り上げアップWEB制作、ホームページ制作ならHeartsN|全国対応 エリア検索はコチラ
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

コーポレートサイトの構成をマスターしよう!

コーポレートサイトは、企業に関する案内や情報などが掲載されたホームページのことです。いわゆる「公式サイト」のことを指しており、会社概要、プレスリリース、製品情報などがまとめて掲載されています。オンラインでサービスを提供している会社の場合でも、サービスを提供するウェブサイトとは別にコーポレートサイトを設けていることが多いです。

コーポレートサイトの基本構成要素

コーポレートサイトの構成をマスターしよう!

 

コーポレートサイトの構成は企業によってまちまちですが、一般的には以下の内容から成り立っています。

  • サービス内容
  • 会社概要
  • 採用情報
  • プレスリリース
  • お問い合わせ
  • IR情報
  • 新規取引情報
  • その他

 

サービス内容

コーポレートサイトの内容の中でも、もっとも重要と言われているのがサービス内容です。トヨタや東芝のような誰もが名前を知っている企業ならばいざしらず、ほとんどの中小企業はほぼ誰にも存在を知られていないものです。そんな企業が顧客からの信頼を勝ち取るためには、まず自分たちが何をしている企業なのかをしっかりと明かすことが大切です。どのような商品やサービスを扱っているのかは特に重要なので、しっかりとページを作り込みましょう。

また、サービスを紹介するページはごちゃごちゃしがちなので、訪問者が目的のコンテンツに少ないクリック回数でたどり着けるような工夫をすることが大切です。一つのページにあれもこれもと書いてしまうとかえって読みづらいものです。製品の写真が無秩序にばらばらと貼ってあったり、文字がやたらと多かったりするとそれだけで見る気が失せてしまいます。1つのサービスで1つのページを使うことを基本としたほうがいいでしょう。また、会社概要へのリンクは必ず貼っておきましょう。

 

会社概要

会社概要

会社概要とはその名の通り会社の概要のことです。会社概要に何らかの変更があった場合は即座に反映させて、常に最新の状態を保っておくことを忘れないようにしましょう。

会社概要に絶対書くべき内容は以下の通りです。

  • 会社名:必ず正式名称を書いてください。店舗や屋号などがある場合は、別表記にしてください。
  • 本社所在地:住所を正確に描きましょう。本社以外に支社がある場合は、そちらの住所も忘れずに書いておきましょう。
  • 代表取締役:代表の氏名を書いておきましょう
  • 事業内容:事業を複数にわたり行っている場合は、すべての事業について記載するようにしましょう。
  • 資本金:資本金に増資や減資があった場合は、即座に反映させましょう。
  • 設立:法人登記をした日を記入するようにしましょう。

 

また、会社概要に以下の要素が入っていると、信頼性が増します。

  • 社長あいさつ:社長からのあいさつはともすれば独りよがりな自分語りになってしまいがちです。顧客目線を忘れず、どのようなサービスを求められているのかを理解したうえで書きましょう。
  • 企業理念:会社がどのようなことを重視しているかを示すものです。企業行動規範、企業倫理憲章なども併せて記入すると信頼性が増します。
  • アクセス:本社へのアクセス情報を掲載しておきましょう。近くに駅がない場合はバスやタクシーなどの使い方も書いておくといいでしょう。
  • 連絡先:電話番号とFAX番号、メールアドレスを記載しておきましょう。連絡可能な時間帯も併せて表記しておきましょう。
  • 売上:売上は企業の事業規模を示す大事なバロメーターです。何年度の売り上げが何円なのかを必ず記載しましょう。
  • 主要取引先:大きな企業と取引があることがわかれば、それだけでぐっと信頼性はアップします。取引先はなるべく有名な企業を優先して、多く書くようにしましょう。
  • 関連企業:グループ会社などがある場合は記載しましょう。
  • 企業沿革:設立日はいつだったのか、何年何月にどこの企業を吸収合併したのかなどを記載しましょう。

 

採用情報

採用情報はリクナビなどの求人情報サイトに掲載するのが一般的ですが、コーポレートサイトで求人を出してはいけないという決まりはありません。たまたまコーポレートサイトを見た人が採用情報に興味を持つ可能性もありますし、何より自社サイトでの募集にはコストがかかりません。応募があったらラッキーぐらいの気持ちでいいので、必ず掲載しておきましょう。

採用情報には採用人数、募集職種、採用試験日程などの基本的なデータだけでなく、福利厚生や社員インタビューも掲載するといいでしょう。特に現場で働いている人のインタビューはリアルさがあり、求職者のこころに強く訴えることができます。

また、採用ポリシーがある場合はそれも積極的に発信していきましょう。ほかの企業とは違う部分をアピールすることができれば、求職者数も増えるはずです。福利厚生はもちろん整っていたほうが訴求力が上がります。インターンシップを行っている場合はそのことについても記載しましょう。

なお、幅広い年齢の人を採用したい場合は、新卒採用とキャリア採用を分けて行ったほうがいいでしょう。

 

プレスリリース

プレスリリースとは、主に報道機関に向けた情報の提供や発表のことです。オンラインの世界においてはもっぱら、ホームページ内で発表する企業向けの情報のことをいいます。プレスリリースは「@press」や「PRtimes」などのプレスリリース専用ウェブサイトから発信することもできますが、コーポレートサイトに掲載することもできます。多くの企業はプレスリリース専用ウェブサイトとコーポレートサイトに同一の内容のプレスリリースを掲載しているようです。

プレスリリースはメディアに取り上げられることを目的に書くものです。新聞やテレビなどの影響力のある報道機関で取り上げてもらえれば、問い合わせや売り上げは急激に伸びることでしょう。しかし、新聞やテレビが扱える情報の量には限りがあり、取り上げてもらうことは容易ではありません。ここでは取り上げてもらえるプレスリリースを書くためのコツをちょっと紹介したいと思います。

PRワイヤーの発表したプレスリリース10の原則

  1. タイトルと見出し、リード文が勝負
  2. 事実を正確に
  3. 結論を先に
  4. 専門用語は極力少なく
  5. 告的な表現や余分な形容詞は避ける
  6. 具体的な数字データを
  7. 1センテンスは50字以内、3行止まりを目安に
  8. 資料は別添に
  9. 読みやすいレイアウトに
  10. 素材によって提供する“相手”を変える

これらの原則はいつでもどこでも守らなければならない絶対的なルールではありません。時にはこれらを崩したほうがうまくいくこともあるでしょう。しかし、この10の原則を守ったプレスリリースは非常に読みやすいです。この原則を守っていれば、誰でも平均点以上のプレスリリースが描けるようになります。

特に大切なのは結論を先に書くことです。プレスリリースのみならず、インターネット上で文章を書くときは基本的に結論は先に書いたほうがいいといわれています(もちろん例外となる状況は多々あります)。「AなのでBである」という描き方よりも、「Bである。なぜなら、Aだからである」という描き方のほうがインパクトが強くなり、人の目に留まりやすくなります。書いてある内容がそれほど目新しくなくても、書き方が良ければ取り上げてもらうことは可能です。

構成は基本的に冒頭、見出し、本文、文末から成り立っています。冒頭は「報道関係者各位:1月1日 株式会社××」といったような決まりきったことしか書けないので、実質的には見出し、本文、文末で勝負することになります。この中で一番力を入れるべきは見出しです。見出しがよくないとそもそも本文にまで進んでもらえないからです。見出しは上記のとおり結論を先に述べて、人目を惹くインパクトのある表現にしましょう。たとえば、心理テストができる新しくウェブサイトを開設したことを伝えるリリースの場合、「○○というサイトを設立しました」とだけ書くよりは、「10分で人の心理を丸裸にする○○がオープン」と書いたほうがより人の心に強く訴えます。

また、プレスリリースはひな型を使うと割と書きやすくなります。@pressなどのサイトでひな形が配布されていますので、どうしても書けないという場合は使ってみてください。

 

よくある質問

いわゆるFAQです。簡単なことまで問い合わされてしまうと、業務に支障が出ます。簡単な問題の解決方法はホームページで提示しておき、顧客の手で解決してもらうように仕向けるべきです。問い合わせは少ないに越したことはないので、その分キチンとよくある質問でケアしましょう。たとえばブログサービスの場合は

  • ログインできない場合の対処法
  • IDやパスワードを忘れた場合の発行方法
  • HTMLの簡単な描き方
  • コメントスパムの対処法
  • 退会方法
  • スマートフォン、タブレット端末からの記事投稿方法

ぐらいはFAQに乗せておいたほうがいいでしょう。会社の提供しているサービスごとに、適切なFAQを用意しましょう。

 

お問い合わせ

会社概要に電話番号やメールアドレスを書くことも大切ですが、それに合わせて問い合わせフォームを作ったほうがいいでしょう。イタズラ問い合わせを防ぐという意味でも、名前、メールアドレス、本文への記入は必須にしたほうがいいでしょう(それでもいたずらを完全に防ぐことはできませんが)。また、問い合わせフォームにはFAQへのリンクを張っておきましょう。フォームへ入力する項目があまり多すぎると、顧客の質問する気を奪ってしまうので、項目は多くても10個前後、できれば5個程度に抑えるようにしたいものです。

 

IR情報

IR情報とはインベスター・リレーションズの略で、企業が投資家に対して発表する経営状況、財務状況、業績などのデータのことをいいます。日本語で投資家向け広報ということもありますが、最近はIRというのが一般的です。IR情報で提供されるのはその企業の損益計算書、貸借対照表などです。損益計算書はその企業の1年の利益と費用を集計したもので、貸借対照表は会社の持っている資産、負債、純資産について記載したものです。こうした情報は投資家から投資を呼び込むうえで非常に大切なものなので、きちんと発表しましょう。

 

その他

ツイッター

最近は多くの企業がブログを書いています。ブログは外部のサービスを利用することが多いですが、コーポレートサイトからリンクを貼っておくと多くの人に見てもらうことができます。また、最近は後方にツイッターを活用する企業も少なくありません。企業アカウントをともっている場合は必ずコーポレートサイトにリンクを貼りましょう。ただし、最近は不用意な発言をして炎上する企業アカウントが決して少なくありません。ツイッターアカウントの運用者は必ず信頼できる人を起用するようにしましょう。

集客に強い売り上げアップWEB制作、ホームページ制作なら当社にお任せ下さい!ご相談、お見積りは無料!まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)