兵庫県西宮市の集客に強い売り上げアップWEB制作、ホームページ制作ならHeartsN|全国対応 エリア検索はコチラ
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ランディングページの意味と使い方をマスターしよう!

ランディングページとは、ウェブサイトの訪問者が外部サイトからやってくる際に、一番最初に見ることになるウェブページです。狭義の意味では、他サイトに広告を出向する際に、その広告のリンク先として指定されるウェブページのみを指すこともあります。

ランディングページはネット上での売上を伸ばすために重要な要素の一つであり、ランディングページの作りが売上、ひいては収益を左右すると行っても過言ではありません。

ランディングページはなぜ縦に長いのか

ランディングページと一口に言っても様々なものがあるので一概にはいえませんが、多くのランディングページは縦に長い作りになっています。一体なぜでしょうか。

理由1 ユーザーを離脱させないため

一つ目の理由は、ユーザーを離脱させないためです。インターネット上で活動する人間は、現実の人間よりも利己的な行動を取ります。自分の利益にならない、面倒くさいと感じたら、すぐにウェブサイトを見るのをやめてしまいます。

何度もクリックしなければ目的のウェブページにたどり着けない作りにしてしまうと、ユーザーは面倒臭がってどんどん離れていってしまいます。多少長くなっても一つのページに必要な情報をまとめることによって、ユーザーの離脱を大幅に減らすことができます。

理由2 ユーザーに行動を起こしてもらうため

二つ目の理由は、ユーザーに行動を起こしてもらうためです。ユーザーの離脱率が下がっても、最終的なアクション、つまりは購入や会員登録をしてもらえなければ意味がありません。そして購入や会員登録を促すためには、巧みなセールストークが必要になります。

そのセールストークを文字や画像にしたものがランディングページであり、必要なことを説明するにはどうしても縦に長いスペースが必要になる、というわけです。

ランディングページ最適化

ランディングページを工夫し、収益を増加させるための努力や工夫をまとめてランディングページ最適化と言います。ランディングページはただなんとなく作っても収益は上がりません。売上やアクセス数などの目標をしっかりと定めておき、自社・他社をしっかりと比較分析し、基本的な構成に従って作成していかなければなりません。

集客に強い売り上げアップWEB制作、ホームページ制作なら当社にお任せ下さい!ご相談、お見積りは無料!まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)