兵庫県西宮市の集客に強い売り上げアップWEB制作、ホームページ制作ならHeartsN|全国対応 エリア検索はコチラ
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

サイトの意味と使い方をマスターしよう!

サイトとは、ウェブサイトのことです。ウェブサイトはウェブページの集合体であり、その中でも表紙に当たるウェブページをトップページと言います。

 

ウェブページ、ウェブサイト、ホームページの違い

ウェブページ、ウェブサイト、ホームページの違い

ウェブページ、ウェブサイト、ホームページは混同されることも多い概念ですが、もともとの意味はそれぞれ違います。ウェブページとは、IEやFirefoxなどのインターネットブラウザで閲覧することができるページのことです。ウェブページが集合してできた、同一のドメイン上で公開されている塊をウェブサイトといいます。たとえば、一般的な企業のウェブサイトは会社概要や商品情報といった複数のウェブページから成り立っています。

また、ウェブサイトの中でも特に表紙に当たるページをトップページと言います。たとえば、Yahoo!のトップページは「http://www.yahoo.co.jp/」です。

一方、ホームページとはウェブブラウザを立ち上げたときに最初に表示されるウェブサイトのことを言います。ホームページはウェブブラウザの設定から変更することが可能です。よく使うウェブサイトをホームページに指定することが快適性を向上させるポイントです。ホームページにYahoo!やGoogleなどのトップページを指定する人が多かったため、いつしかトップページ=ホームページという式が成り立つようになりました。ただし、現在はこのような明確な区分はなくなってきており、ウェブサイト、ウェブページ、ホームページがごっちゃになっていることも多いです。

 

ウェブサイトとブログの違い

ウェブサイトとブログの違い

ウェブサイトとブログはどちらも非常によく使われているツールです。どちらも個人や組織が情報を自由に発信できるという点では同じですが、異なる点も多々あります。

ウェブサイトを更新するには通常、HTMLCSSに関する知識がある程度必要になります。更新したページをサーバーに送る必要もあり、慣れていないうちはなかなか大変です。それに対して、ブログはブラウザから簡単に更新することができます。HTMLに関する知識も必要ありませんし、豊富なテンプレートが用意されているので簡単に見栄えのする記事を書くことができます。ホームページの制作業者に高い更新費用を支払う必要もないですし、サーバーを用意する必要もありません。

また、ウェブサイトは階層構造になることが多いのに対して、ブログは記事が時系列順に並びます。最新の情報を読むのにはブログのほうが便利ですが、重要なものであっても古い記事は下の方に埋もれてしまうというデメリットもあります。

また、ホームページは基本的に情報を一方的に発信するためのものですが、ブログでは記事に対してコメントを付けたり、そのコメントに対して返信したりすることが可能です。また、トラックバックという機能によって、ブログ記事同士をリンクさせることも可能です。

 

ウェブサイト作りに必要な基礎知識

ウェブサイト作りに必要な基礎知識

HTMLとは

HTMLとは、ウェブページを作成するために開発された最も基本的な言語です。現在インターネット上で公開されているウェブページのほとんどは、HTMLで作成されています。HTMLHyperText Markup Languageの頭文字をとったもので、Hypertextとは「ハイパーリンクを埋め込める高度なテキスト」を意味します。ハイパーリンクとはいわゆるリンク、他のウェブページへとつながるあれのことです。

ハイパーテキストを使えば、ウェブページから別のウェブページにリンクを貼ったり、画像を貼ったり、動画を貼ったり、音声ファイルを埋め込んだりすることが可能です。

HTMLを作成したり編集したりするのに必要なのはテキストエディタのみです。テキストエディタはテキストを編集するためのアプリケーションソフトです。Windowsにはメモ帳、MacにはSinpletextというテキストエディタが最初からついてきています。メモ帳だけでもウェブサイトを作ることは不可能ではないのです。もちろん、それなりの知識と慣れは必要になりますが……。

 

CSSとは

CSSはウェブページのスタイルを指定するための言語です。HTMLと組み合わせて使用することにより、スタイリッシュで見やすいウェブページを作ることができます。ウェブページのスタイルはHTMLでもそれなりに整えることができるのですが、HTMLは本来情報構造を定義するためのものであり、見栄えを制御するためのものでありません。HTMLを使ってスタイルを整えても、特定のブラウザから見ると崩れてしまって見える、ということは多々ありますので注意が必要です。文書構造はHTMLで、スタイルはCSSで整えるのが基本です。

 

ホームページ作成ソフト

HTMLやCSSなどと言われてもなんのこっちゃよくわからない、という場合はホームページ作成ソフトを使用するといいでしょう。現代には有料、もしくは無料で使えるホームページ作成ソフトがたくさんあります。初心者の方はより使いやすい有料のソフトを使ったほうが、結果として時間も短縮できるので有益です。ある程度慣れてきたら無料のホームページ作成ソフトにチャレンジしてもいいかもしれません。

有名なホームページ制作ソフトをいくつか挙げておきます。

ホームページビルダー

ジャストシステム社が開発している、ホームページ制作ソフトです。HTMLを知らないでもウィザードに従って入力していくだけで、十分見栄えがするサイトを作成することができます。バージョン11からはCSSにも対応しています。現在のバージョンは20です。

シリウス

次世代型のホームページ作成ソフトです。直感的な操作方法で、HTMLやCSSに関する知識がなくても、プロが作ったかのような見栄えがするウェブサイトを作ることができます。また、他のホームページ制作ソフトと比べるとSEOが強力であり、上位表示が比較的しやすいという特徴があります

Adobe Creative Cloud

アドビシステムズが開発しているクラウドサービスです。オールインワンのウェブオーサリングツールセットにより、最先端のサイトを複雑な操作なしで作成することができます。

賢威

SEOに最適化したホームページテンプレートです。1万1500人以上が使っている強力なテンプレートであり、ウェブ担当者はもちろん、個人の起業家やアフィリエイターにも使われています。

 

ドメイン

ドメイン

ドメインとは、インターネット上における住所のようなものです。もう少し正確に言うと、インターネット上における住所をわかりやすく見せるものです。インターネット上の住所を特定するのはIPアドレスですが、IPアドレスは単なる数字の羅列であり、人間がおぼえるのには向いていません。

IPアドレスを覚えやすいドメインと結びつけておけば、いちいちIPアドレスを記憶しないでも、ドメインだけでコンピュータにアクセスすることが可能です。ドメインもIPアドレスも、同じネットワーク上に同じものは存在しません。

ドメインは住所と違って自分で文字列を自由に選ぶことができます。ただし取得は先着順となっており、先に取得した人がいた場合は後から申請しても取得できません。たとえば、sony.co.jpというドメインはすでにソニーが取得しているため、他の人は取得できません。逆に言えば、まだ誰も取得していないドメインは何でも取得可能です。

ドメインの取得にかかる費用は大体1000円~1500円ぐらいです。SEO的なことも考えれば、ドメインは是非独自のものを取得すべきといえます。

 

サーバー

サーバーはウェブサイトを公開するうえで欠かせないもののことです。サーバーは実店舗で言えばテナント(物件)のようなものであり、これなしにウェブサイトを公開することはできません。

もう少し専門的な話をしますと、サーバーとはインターネットやLANなどのネットワークにおいて、他のコンピュータに対してサービスを提供するコンピュータのことです。サービスを提供するコンピュータなので、サーバーといいます。それに対して、様々なサービスを受けるコンピュータはクライアントと言います。

サーバーにはメールを送受信するメールサーバー、ウェブサイトのコンテンツを送受信するウェブサーバー、動画を配信する動画配信サーバーなどがあります。サーバーは一度運用し始めると24時間365日いつでもずっと動かし続けるものです。いつでもサービスを提供できるように、予備のサーバーを用意するなどして万全を期す必要があります。

サーバーはあくまでもコンピュータの一種ですから、個人で設置することも不可能ではありませんが、扱えるデータ量や拡張性、機能などには配慮すべきです。また、管理には手間やコストがかかるため、中小企業や個人がサーバーを自ら用意するというのは非現実的な話といえます。

ホームページを公開するのにいちいちサーバーを用意するのが面倒だという場合は、借りることもできます。こうしたサーバーをレンタルサーバーといいます。たいていの企業や個人はレンタルサーバーを使っています。

レンタルサーバーには共用サーバーと専用サーバーがあります。1台のサーバーのディスク領域を複数のユーザーで借りるのが共有サーバー、一人で借りるのが専用サーバーです。共有サーバーのほうがレンタル料金は安くなりますが、安定性は専用サーバーの方が上です。必要に応じて選びましょう。

ディスクスペースはホームページの規模にもよりますが、一般的には10GBもあれば十分と言われています。また、ディスクスペースが足りなくなってきたとしても、たいていの場合は後から追加できるので、最初は少なめに借りて、足りなくなってきたら追加するというのが最も経済的だと思われます。

レンタルサーバーの料金は業者によってまちまちですが、ディスクスペースが50GB程度の場合、初期費用は2000円、月額使用料は1000円程度です。

集客に強い売り上げアップWEB制作、ホームページ制作なら当社にお任せ下さい!ご相談、お見積りは無料!まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)